ワキガは体質的なもので、アポクリン汗腺の量が多いとその汗と皮脂などの細菌が混ざることで独特の臭いを発生させます。これは思春期の時期に臭い始めるもので、ホルモンの分泌が活発化することで、アポクリン汗腺の動きも活発化してそこから出る汗が増えるのです。自分で臭いを感じる方もいますが、自分の臭いには慣れることでその独特な臭いは周囲の人ほど感じ無くなってしまうことがあります。そこで、自分がワキガかを判断するチェックポイントをあげます。まずは耳垢の様子です。アポクリン汗腺は脇の下だけではなく、耳の中にも存在します。そのためワキガ体質の人は耳垢が黄色く湿り気がありねっとりとした状態のものになります。ワキガではない人の耳垢は白っぽく乾いたものなので、違いは一目でわかります。また、服を着た状態で汗をかいた日には服や下着の脇の下部分が黄色に変色している場合があります。これもワキガ特有の現象です。汗を良くかいた日には、脱いだ時にチェックしてもることも良い方法です。また、何もしていないのに脇毛に白い粉が付くことがある場合もワキガということになります。それは、白い粉状のものは分泌されたアポクリン汗腺からの分泌物が結晶になったものだからです。このように、臭いだけの判断だけでなく、日常生活の中で調べる方法はあるので、気にしておくことが大切です。そして、臭いを抑えるためには、常に清潔にすることやワキガ専用クリームを塗ることで細菌の繁殖を抑えたり、消臭効果を得ることも大切です。

料理ではふくらし粉としても使われる重曹は、胃薬としても使用されてきました。これは弱アルカリ性の性質が胃酸を中和させることにより、胃薬としての効果を発揮します。この中和作用は体臭の予防にも効果的であることから、ワキガの改善にももちいられることがあります。
重曹を使ったワキガの改善方法としては、水となじませて直接脇に塗りつけたり、重曹液を作ってスプレーとして脇に吹きかけるという方法もあります。重曹はドラッグストアやスーパーなどで購入することができ、薬用タイプのものや食用タイプのものを購入すると良いでしょう。スプレーの作り方としては重曹小さじ1杯と水100ミリリットルをスプレー容器に入れてよく振ります。これを脇に吹きかけることで、中和作用によって消臭効果が促進されます。ほかの香りでごまかす芳香剤や制汗剤などとは違い、臭いをもとからシャットアウトすることができるのです。
また入浴剤の代わりに、一握り程度をお湯と一緒に浴槽に入れます。これにより体臭の原因となるアルカリ性物質や酸性物質を消して、さらに効果的ににおいのない体に近づけることができます。さらに市販されている重曹せっけんで脇を洗うのもよいでしょう。重曹は粒子が細かくやわらかい結晶なので、皮膚の汚れをしっかりと取り除いてくれます。しかし洗いすぎることで反対に強いにおいを増やしてしまう可能性もあるので、洗い過ぎには十分に気をつけるようにしましょう。


ワキガの原因の約9割が遺伝によるもので、市販されているデオドラント商品ではその場では臭いを抑えられても、根本的には無くならないのです。そこで効果抜群のワキガ治療法を紹介します。
ワキガの治療は、皮膚科や美容外科などで行います。ただし美容外科や美容クリニックなどは、美容を目的とするので自由診療となるケースが多く、保険適用されないことが注意が必要です。保険診療を希望される方は、まずは病院にお問い合わせの上受診して下さい。
皮膚科での治療の流れの説明します。まずは皮膚科で受診し、ワキガのレベルをチェックしてもらいます。ワキガレベルが低ければ手術の必要はなく、薬を処方されて様子を見ることもあります。レベルが高ければ患者と相談の上、治療方針を決定します。
重度のワキガレベルの場合手術が必要です。直視下手術法は、医師が直接手元を見ながら行う手術で、次の2種類あります。切除法は、脇毛の生えている皮膚を取り除きます。剪除法は、器具を用いアポクリン腺と皮脂腺を掻き出すように取り除きます。非直視下手術法は、様々な器具を使用して行う手術で、次の2種類あります。皮下組織削除法は、特殊な機械を使いアポクリン腺を掻き出します。皮下組織吸引法は、吸引機のようなものでアポクリン腺を吸引します。
ワキガレベルがそれほど高くない方は、ボトックス注射やレーザー治療、電気凝固法が治療時間も短く、費用も安いのでお得です。なお手術や治療を受けても、残念ながら再発する可能性があることが注意点です。
すそわきが対策はこちら

ワキガの原因はアポクリン汗腺という汗腺から出る汗です。ドロドロとして濁っているこの汗は強い臭いを発します。日頃汗をかかない人はこのような汗をかくことが多く、ワキガになるケースも多いようです。逆にたくさん汗をかくタイプの人はサラッとした汗になりますので、臭いがありません。このサラッとした汗はエクリン腺から出る汗であり、たくさん汗をかいてもきつい臭いが出ることはありません。
ワキガ対策をしたいのなら、積極的に汗をかくことが大切です。ただし、汗をかいた後に流せないような状況では臭いが酷くなりますので、お風呂の時間を利用してたくさん汗をかくようにします。おすすめは半身浴です。温めのお湯にゆったりと浸かることで毛穴の詰まりが解消され、最初はドロドロとした汗が出ていても次第にサラッとした質に変わっていきます。リラックス効果も同時に得られますので心理的にもプラスになるはずです。
実はワキガは緊張性の汗が出た時にも起こりやすいものですので、リラックス効果の得られる対策はとても有効です。他にも副交感神経を優位にするようなリラックスできる音楽を聴いたり、好きな本をゆったりとした姿勢で読んだりとできる事は色々あります。汗対策を行いながら自律神経の調節にまで目を向ければかなり症状は改善されますので、一度試してみると良いかもしれません。ワキガは程度が軽ければ自分で行える対策でも十分に対処できますので、諦める必要はありません。

ワキガがひどいと無意識のうちに人に迷惑をかけている心配があるから、避けられたり嫌われないうちに早く治したいものですが、手術になれていて技術が伴わない医師が執刀してしまうと失敗してしまうことがあります。

痛い思いをしたのに、全く効果が期待できなかったり部分的に症状が残ってしまった例があります。医師の目視による剪除法であれば、アポクリン汗腺をきれいに除去できる確率が高まります。剪除法のリスクは、傷跡がとても長くなってしまうことで、縫合が下手な意思が行えば、ひきつったりしわが寄ってしまう可能性があります。

傷を目立たなくしたいという理由で行われる皮下組織吸引法や超音波吸引法は、狭い視野で行われ医師の感覚に頼る部分も多くなってしまい、取り残しが発生しやすいため、術後も再びワキガの症状が出てきてしまうことがあります。

傷が小さいながらも高い効果が期待できる皮下組織削除法と呼ばれる方法であっても、医師が手術になれていなければ、アポクリン汗腺を除去するときに用いるカミソリで皮膚を傷つけ、穴をあけてしまう可能性があります。

どの術式を行っても、リスクを伴っています。失敗したくないならこれまでに実績を積んでいて、長年培ってきたノウハウによりより確かな手術を行える医師を選ぶ必要があります。失敗例として、常にワキに違和感が残り、腕を動かしにくくなっている人もいます。生活に支障をきたすのではなく、ワキガの悩みを解消して気にならない楽しい生活を取り戻すためにも、慎重な対応が必要です。


ワキガの臭いといえば、脇から発するものというイメージを持つ人は少なくありません。
ですが、ワキガの臭いの原因となるアポクリン汗腺は、脇以外にも存在します。
耳の中や、乳輪の周辺、おへそや陰部等に多くあり、その部分にあるアポクリン汗腺から汗が出て、そこに細菌が繁殖すると臭いを発生する事になります。
中でも細菌が繁殖しやすいのが陰部です。
女性の場合、アポクリン汗腺から出た汗と、おりものや排泄物が混じると細菌が繁殖しやすい状態になります。
更に、清潔にしていても下着に汗が染み込めば、細菌が繁殖します。
蒸れた状態が続けば、細菌は更に繁殖しやすい状態となってきます。
この状態を改善したいと考えた場合に有効な方法のひとつが、毛の処理をしておく事です。
毛が生えていると、その毛に絡みついた汗に細菌が繁殖するだけでなく、蒸れやすい状態になってしまいます。
ですから、毛の処理をしておく事で、臭いを軽減させていく事ができます。
ただ、アポクリン汗腺には影響がない為、ワキガが完全に治るという事はありません。
脇や陰部以外で、臭いが発生しやすいのが耳の中です。
耳の中までは確認できないと考える人もいますが、耳垢が湿気っている場合、汗が原因となっている可能性があります。
ワキガといえば脇の臭いというイメージを持つ人は少なくありませんが、原因となるアポクリン汗腺は脇以外にも存在し、その部分から出た汗に細菌が繁殖すれば臭いが発生します。

体臭の悩みを抱えているという人は多いのではないでしょうか。体臭の問題はとてもデリケートでなかなか相手に指摘することができません。そのため、自分に体臭があることに気がついていないという人もたくさんいます。ですので、各々が高い意識を持って体臭対策に努めるということがとても重要になります。体臭の悩みの中でも最も深刻なものといえばワキガです。ワキガの症状は、ワキから分泌される汗が独特な臭いがするというものです。ワキにはたくさんの汗腺が密集していますが、その中のアポクリン腺という汗腺から分泌される汗が臭いの原因となります。ワキガの人の体質として特徴的なものとしては、耳垢が湿っている、洋服についた汗染みが黄ばんでいる、家族の中にワキガの人がいる、不安や緊張やストレスを感じると大量に汗をかくなどがあります。この体質に当てはまるという人はワキガの可能性がありますので、家族や恋人や信頼できる友達に自分の臭いをチェックしてもらい確認してもらいましょう。ワキガは汗腺の手術をすることで臭いをなくすことができますが、ワキを常に清潔に保ち制汗剤を使用することでも臭いを抑えることは可能です。汗をかかなければ臭いも発生しませんので、汗をかいたらこまめにオフして清潔な状態にしておきましょう。制汗剤は、塩化アルミニウムが配合されているローションタイプのものがおすすめです。汗をかく前の清潔なワキになじませておくことで汗の分泌とそれに伴う臭いを強力に抑制することができます。ワキガの症状と体質と解消方法をきちんと理解して対策に努めていきましょう。


ワキガの臭いは、食べ物によって強くなったり弱くなったりすることがあります。なので、普段の食生活を少し気を付けることで、気になるワキガもある程度改善することができるのです。上手に日々の食生活に取り入れてみましょう。具体的には、アルカリ成分を含む食べ物はワキガの原因となる脂肪酸の不完全燃焼を防いでくれるので、臭いを気にならなくするのにおすすめです。アルカリ成分は、梅干しやひじき、きのこ類に豊富に含まれていますよ。また、皮脂の酸化によって嫌な臭いは発生します。それら防いでくれる抗酸化作用のある食品もワキガ対策には効果的です。具体的には、緑黄色野菜などに豊富に含まれているビタミンC、青魚などに含まれているDHC、赤ワインやレンコンに含まれているポリフェノールなどが挙げられます。また反対に、ワキガを促進する食べ物もあるので注意が必要です。まず、赤身の肉はアミノ酸の含有量が非常に多く、腸内で消化が仕切れないことがあります。そうなると、臭いの原因となるのです。なので、赤身の肉を食べる際はくれぐれも食べ過ぎないように気をつける必要があります。また、ジャンクフードやスナック菓子は添加物や防腐剤が多量に含まれているため、これらも臭いの原因となります。油っこい食生活は、身体に悪いだけでなく、嫌な臭いの原因ともなるのです。反対に身体に良い食べ物は、臭い対策にも役に立つものが多いです。これらを食生活に取り入れていけば、一石二鳥ですね。