ワキガの臭いと食べ物の関係


ワキガの臭いは、食べ物によって強くなったり弱くなったりすることがあります。なので、普段の食生活を少し気を付けることで、気になるワキガもある程度改善することができるのです。上手に日々の食生活に取り入れてみましょう。具体的には、アルカリ成分を含む食べ物はワキガの原因となる脂肪酸の不完全燃焼を防いでくれるので、臭いを気にならなくするのにおすすめです。アルカリ成分は、梅干しやひじき、きのこ類に豊富に含まれていますよ。また、皮脂の酸化によって嫌な臭いは発生します。それら防いでくれる抗酸化作用のある食品もワキガ対策には効果的です。具体的には、緑黄色野菜などに豊富に含まれているビタミンC、青魚などに含まれているDHC、赤ワインやレンコンに含まれているポリフェノールなどが挙げられます。また反対に、ワキガを促進する食べ物もあるので注意が必要です。まず、赤身の肉はアミノ酸の含有量が非常に多く、腸内で消化が仕切れないことがあります。そうなると、臭いの原因となるのです。なので、赤身の肉を食べる際はくれぐれも食べ過ぎないように気をつける必要があります。また、ジャンクフードやスナック菓子は添加物や防腐剤が多量に含まれているため、これらも臭いの原因となります。油っこい食生活は、身体に悪いだけでなく、嫌な臭いの原因ともなるのです。反対に身体に良い食べ物は、臭い対策にも役に立つものが多いです。これらを食生活に取り入れていけば、一石二鳥ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です