ワキガの臭いは脇だけじゃない!?


ワキガの臭いといえば、脇から発するものというイメージを持つ人は少なくありません。
ですが、ワキガの臭いの原因となるアポクリン汗腺は、脇以外にも存在します。
耳の中や、乳輪の周辺、おへそや陰部等に多くあり、その部分にあるアポクリン汗腺から汗が出て、そこに細菌が繁殖すると臭いを発生する事になります。
中でも細菌が繁殖しやすいのが陰部です。
女性の場合、アポクリン汗腺から出た汗と、おりものや排泄物が混じると細菌が繁殖しやすい状態になります。
更に、清潔にしていても下着に汗が染み込めば、細菌が繁殖します。
蒸れた状態が続けば、細菌は更に繁殖しやすい状態となってきます。
この状態を改善したいと考えた場合に有効な方法のひとつが、毛の処理をしておく事です。
毛が生えていると、その毛に絡みついた汗に細菌が繁殖するだけでなく、蒸れやすい状態になってしまいます。
ですから、毛の処理をしておく事で、臭いを軽減させていく事ができます。
ただ、アポクリン汗腺には影響がない為、ワキガが完全に治るという事はありません。
脇や陰部以外で、臭いが発生しやすいのが耳の中です。
耳の中までは確認できないと考える人もいますが、耳垢が湿気っている場合、汗が原因となっている可能性があります。
ワキガといえば脇の臭いというイメージを持つ人は少なくありませんが、原因となるアポクリン汗腺は脇以外にも存在し、その部分から出た汗に細菌が繁殖すれば臭いが発生します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です