ワキガ手術の失敗例

ワキガがひどいと無意識のうちに人に迷惑をかけている心配があるから、避けられたり嫌われないうちに早く治したいものですが、手術になれていて技術が伴わない医師が執刀してしまうと失敗してしまうことがあります。

痛い思いをしたのに、全く効果が期待できなかったり部分的に症状が残ってしまった例があります。医師の目視による剪除法であれば、アポクリン汗腺をきれいに除去できる確率が高まります。剪除法のリスクは、傷跡がとても長くなってしまうことで、縫合が下手な意思が行えば、ひきつったりしわが寄ってしまう可能性があります。

傷を目立たなくしたいという理由で行われる皮下組織吸引法や超音波吸引法は、狭い視野で行われ医師の感覚に頼る部分も多くなってしまい、取り残しが発生しやすいため、術後も再びワキガの症状が出てきてしまうことがあります。

傷が小さいながらも高い効果が期待できる皮下組織削除法と呼ばれる方法であっても、医師が手術になれていなければ、アポクリン汗腺を除去するときに用いるカミソリで皮膚を傷つけ、穴をあけてしまう可能性があります。

どの術式を行っても、リスクを伴っています。失敗したくないならこれまでに実績を積んでいて、長年培ってきたノウハウによりより確かな手術を行える医師を選ぶ必要があります。失敗例として、常にワキに違和感が残り、腕を動かしにくくなっている人もいます。生活に支障をきたすのではなく、ワキガの悩みを解消して気にならない楽しい生活を取り戻すためにも、慎重な対応が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です