ワキガの原因を知ろう!

ワキガの原因はアポクリン汗腺という汗腺から出る汗です。ドロドロとして濁っているこの汗は強い臭いを発します。日頃汗をかかない人はこのような汗をかくことが多く、ワキガになるケースも多いようです。逆にたくさん汗をかくタイプの人はサラッとした汗になりますので、臭いがありません。このサラッとした汗はエクリン腺から出る汗であり、たくさん汗をかいてもきつい臭いが出ることはありません。
ワキガ対策をしたいのなら、積極的に汗をかくことが大切です。ただし、汗をかいた後に流せないような状況では臭いが酷くなりますので、お風呂の時間を利用してたくさん汗をかくようにします。おすすめは半身浴です。温めのお湯にゆったりと浸かることで毛穴の詰まりが解消され、最初はドロドロとした汗が出ていても次第にサラッとした質に変わっていきます。リラックス効果も同時に得られますので心理的にもプラスになるはずです。
実はワキガは緊張性の汗が出た時にも起こりやすいものですので、リラックス効果の得られる対策はとても有効です。他にも副交感神経を優位にするようなリラックスできる音楽を聴いたり、好きな本をゆったりとした姿勢で読んだりとできる事は色々あります。汗対策を行いながら自律神経の調節にまで目を向ければかなり症状は改善されますので、一度試してみると良いかもしれません。ワキガは程度が軽ければ自分で行える対策でも十分に対処できますので、諦める必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です