ワキガの治療法


ワキガの原因の約9割が遺伝によるもので、市販されているデオドラント商品ではその場では臭いを抑えられても、根本的には無くならないのです。そこで効果抜群のワキガ治療法を紹介します。
ワキガの治療は、皮膚科や美容外科などで行います。ただし美容外科や美容クリニックなどは、美容を目的とするので自由診療となるケースが多く、保険適用されないことが注意が必要です。保険診療を希望される方は、まずは病院にお問い合わせの上受診して下さい。
皮膚科での治療の流れの説明します。まずは皮膚科で受診し、ワキガのレベルをチェックしてもらいます。ワキガレベルが低ければ手術の必要はなく、薬を処方されて様子を見ることもあります。レベルが高ければ患者と相談の上、治療方針を決定します。
重度のワキガレベルの場合手術が必要です。直視下手術法は、医師が直接手元を見ながら行う手術で、次の2種類あります。切除法は、脇毛の生えている皮膚を取り除きます。剪除法は、器具を用いアポクリン腺と皮脂腺を掻き出すように取り除きます。非直視下手術法は、様々な器具を使用して行う手術で、次の2種類あります。皮下組織削除法は、特殊な機械を使いアポクリン腺を掻き出します。皮下組織吸引法は、吸引機のようなものでアポクリン腺を吸引します。
ワキガレベルがそれほど高くない方は、ボトックス注射やレーザー治療、電気凝固法が治療時間も短く、費用も安いのでお得です。なお手術や治療を受けても、残念ながら再発する可能性があることが注意点です。
すそわきが対策はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です