ワキガの重曹の使い方

料理ではふくらし粉としても使われる重曹は、胃薬としても使用されてきました。これは弱アルカリ性の性質が胃酸を中和させることにより、胃薬としての効果を発揮します。この中和作用は体臭の予防にも効果的であることから、ワキガの改善にももちいられることがあります。
重曹を使ったワキガの改善方法としては、水となじませて直接脇に塗りつけたり、重曹液を作ってスプレーとして脇に吹きかけるという方法もあります。重曹はドラッグストアやスーパーなどで購入することができ、薬用タイプのものや食用タイプのものを購入すると良いでしょう。スプレーの作り方としては重曹小さじ1杯と水100ミリリットルをスプレー容器に入れてよく振ります。これを脇に吹きかけることで、中和作用によって消臭効果が促進されます。ほかの香りでごまかす芳香剤や制汗剤などとは違い、臭いをもとからシャットアウトすることができるのです。
また入浴剤の代わりに、一握り程度をお湯と一緒に浴槽に入れます。これにより体臭の原因となるアルカリ性物質や酸性物質を消して、さらに効果的ににおいのない体に近づけることができます。さらに市販されている重曹せっけんで脇を洗うのもよいでしょう。重曹は粒子が細かくやわらかい結晶なので、皮膚の汚れをしっかりと取り除いてくれます。しかし洗いすぎることで反対に強いにおいを増やしてしまう可能性もあるので、洗い過ぎには十分に気をつけるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です